読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ウェブでの伝わる文章の書き方」を読んで

ウェブでの<伝わる>文章の書き方 (講談社現代新書)

ウェブでの<伝わる>文章の書き方 (講談社現代新書)

第1章 ウェブでの文章
第2章 ウェブでの“読まれる”“伝わる”文章
第3章 ウェブでの文章表現術―htmlの基礎的な理解を兼ねて
第4章 ウェブで“伝わる”文章のための実践講座
第5章 さらに“伝わる”文章を書くための基礎知識
第6章 “伝わる”ためのコミュニケーション

あまり考えず、思いついたまま書いていますが・・・

読者の立場になって考える

これが一番重要なんでしょうね。
読みなおすということも。

「目にとまる」から「読まれる」まで
「伝える」ではなく「伝わる」

難しいですね。
毎日の膨大な記事のなかから選ばれるというのは・・・・
大変です。

タイトル部分の見出し

ここが重要でしょうね
タイトル名で魅力あるものに。。。。

  • 主体的な部分は前に
  • 意思や要件を明示
  • キーワードを意識

Yahooトピックスとか
11文字ぐらいで分かるように書いてますもんね
ブログならば、それほどシビアではないですが。
でも、短く分かりやすいく

1文をとにかく短く
積極的に箇条書き

見やすくというのが大事ですね
それと後から読みなおすということ。



でも、すぐに忘れてしまいます。。。m(_ _)m




[rakuten:hmvjapan:11373987:detail]