読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子の成長

長男

熱性けいれんだったのですが、
38度以上の熱が出た場合、
ダイアップという座薬を入れるようです。2つ。
それで8時間まっても、熱が下がらなかったら、
もう一度入れるようです。
それ以降は入れないということです。

その間に病院に連れて行く感じでしょうか。。

痙攣が出ると、すぐに救急車を呼んで構わないとのことでした。


38度以上の熱というのは、
結構出てしまうんですよね。

ダイアップの副作用等もあるのですが、
www.kamio-kodomo.com

痙攣が出てしまう怖さがあるので、
使ってしまいそうです。


半年後も脳はチェックがありますが、
なにも出なかったらいいなぁ。。

急激な熱の上昇で熱痙攣は起こるようですが、
さてさて。。

次男

しかし、お調子者です。

しかも、あかんと言われたことを、
にこにこしながらやってきます。。

「したらアカンで!」
と怒っても、
「はーい!」
というのですが、

変わりません。。

「こら!」というのが、面白いようです。。


熱性けいれん診療ガイドライン2015

熱性けいれん診療ガイドライン2015

  • 作者: 日本小児神経学会,熱性けいれん診療ガイドライン策定委員会
  • 出版社/メーカー: 診断と治療社
  • 発売日: 2015/03/26
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る