読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「地方創生の真実」(辛坊治郎さん)を読んで

東京ではわからない地方創生の真実

東京ではわからない地方創生の真実

大阪発の本音!「地方創生の真実」がここにある
1 徹底討論編(対談 増田寛也(日本創成会議座長)×辛坊治郎「消滅可能性都市896」公表で日本は変わったか
座談会 仁坂吉伸(和歌山県知事)×平井伸治(鳥取県知事)×辛坊治郎「この際、関西圏で独立しませんか?」)
2 ルポルタージュ編(崖っぷち行政の試行錯誤
一人ひとりの力が日本を変える)

辛坊さんはこの本には、あまりかかわっていなく
ウェークアップ!ぷらすのスタッフが書いたとの事です。

「Can't を考えるのではなく、Can do を考えろ」

ラグビーエディコーチの考え方。

僕が社長で、管理職は取締役、職員は社員

いつこうなるのだろう・・・。

女性は几帳面だから畑や作物も綺麗になる。また、直売所や観光農園に女性がいると顧客の安心感・清潔感にも繋がる。
重労働ではあるが六次産業化も進めているので、今後も女性のアイデアを活かしていきたい。

これは、重要な気がします。
実際、僕もそうなので、本当に助かります。
でも、こういう事が大事なんだろうなぁと感じます。
こういう力が欲しいなぁ。
苦手なので時間がかかるので。。

生産者と購入者を直接つなぐことで流通コストをカットする
当事者が考えて動くことをしていかないといけない

ここが本当に重要。
人件費の削減、手数料の削減

「銀聯カード」への対応

今後、中国の観光客への対応には必須

教育・研修部門を東京から小松市に移転

この考え方が凄い。
研修所を移設して、宿泊施設は設置しない。
そうすることで、ホテル等の宿泊施設が潤う。
研修を受ける職員も温泉とかの方がいい。。

まちの人たちが自ら頑張る

結局こうなってしまうんですよね。
農業も商店街も。。

空き家
解体し更地にすると地方税法により税金が6倍以上

うーん。その為、空き家が残ってしまう。。。



自分で考えるということになるということ。
販売ルートの構築をまた一からということになると
結構大変ですけど。。
そうするしかないんですね。
今となっては、ネットの販売も結構大変です。
ネットの販売は、ブログと同じく、結構、地道な努力が必要な気がします。


ニッポンのアホ! を叱る テレビ、新聞が垂れ流す「ニュースの嘘」を見抜け

ニッポンのアホ! を叱る テレビ、新聞が垂れ流す「ニュースの嘘」を見抜け

日本の恐ろしい真実  財政、年金、医療の破綻は防げるか?

日本の恐ろしい真実 財政、年金、医療の破綻は防げるか?