読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作ストリートビュー

日記 RICOH THETA

やってみると、結構気軽に作れそうです。

を用いて、撮影した画像を、Googlemapsに投稿したところ
地図上に表示できるというものです。


Googleマップ | RICOH THETA

ここがベースとなっているようです。


ただ、G+に投稿すればいいのか?写真に投稿すればいいのか
両方可能だとは思いますが、
どちらが手数が少なくできるのか?というのもあります。


今回は、とりあえず、写真にアップしてみました。


その後、ビューにリンクするという形です。
また、写真に位置情報が無くても、後で地図から位置を設定できます。
RICOH THETAだけで撮影すると、位置情報が付きません。
iphone経由で撮影すると、位置情報が付きますので
位置設定をしなくても、問題なく貼り付けられます。
また、変更もできるので、気軽にできますね。


写真の作成については、
RICOH THETAだけでなく、android端末の
PhotoSphere機能で撮影したものも投稿できるようです。
RICOH THETAで撮影すると、1回の撮影で済みますが、画像が荒いような気がします。
android端末で撮影した画像については、画像は綺麗ですが、何回も取らないといけない。
というところでしょうか??


GoogleMapsのビューに表示されるのは、
Google側で承認されてからのようです。


個人の方は特に問題ないのでしょうかね。。


また、
コンステレーション
という機能があり、360度写真をつなげて
ストリートビューが作れるようです。


現在、作成中です。


ストリートビュー徹底攻略! Google完全ガイド―世界を「のぞき見る」極意! (DIA COLLECTION)

ストリートビュー徹底攻略! Google完全ガイド―世界を「のぞき見る」極意! (DIA COLLECTION)