読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家の買いたくなったら(長谷川高さん)

新版 家を買いたくなったら

新版 家を買いたくなったら

第1章 「買うこと」を決めるその前に
第2章 「理想の家」のイメージを固める
第3章 「理想の家」を見つけるコツ
第4章 お金の話
第5章 種類別買い方の極意と注意点
第6章 購入後に後悔しないために覚えておきたいこと

家を購入するときに悩んでいた時に読んだ本かなぁ
特にお金を借りつということをしたことがなかったので
住宅ローンの事がメインだったとは思いますが・・・


先にライフスタイルや生き方を考える

はじめのうちは、賃貸で十分かとも考えていたのですが、
子供が生まれるとどうしても、家のほうが落ち着くようで。。。

生涯の支払い総額は、家を買うのと、賃貸で家賃を払い続けるのとではおおよそ同じ
がんばらないで家を買う

賃貸としては、
一緒といっても、やはり、いつでも変われるという安心感もあるかなぁと思いますが
なんかあった時に住み続けることができるのか?というのもあります
ただ、借金しない分気持ち的に楽かなぁ

将来どうなるかわからないから不動産を購入することはリスクである

ということで富裕層の方々は
高額マンションに住んでいるようです。


長期に渡り借金を背負うリスク
なるべく借りる金額を抑えるか、頑張って早めに返してしまうこと
人生のフレキシビリティが失われるリスク

借金によりということですね。


ローン返済では、ボーナス返済をいれない
1年間は無収入でも生活ができて、ローンも支払える程度の返済額で住宅ローンを組む

現実には、
ボーナス返済を多少いれてしまっていますが、これは、しかたがないかなぁ
早く返せるかなぁ。。。


中古物件ははいい情報は店頭にだけある

田舎では、店頭でも分からないですけど。。
ネットでは、少ないんですね

登記簿謄本
⇒誰が持っていて、いつ所有したのか

ここから購入するときは分からなかったなぁ


植物が枯れている家は何か家庭に問題がある

なるほど。。。


住宅ローン金利は、長期金利を目安に決められている
家の価値は全体的に下落していく

長期金利という意味もわからなかったですが
結構重要だと感じました


家を買っておくのは、インフレ対策にもなる

こんなこと家を買うまで本当に考えたこともないです。


不動産を買うときにかかる税金
不動産を保有している時にかかる税金
不動産を売った時にかかる税金

結構、諸経費かかります


住宅ローン減税

ここが結構重要。
いかに活用できるか。。。



現状として、中古物件を買ったのですが、
この本を読んでいて
活用できいる部分とできていない部分があったなぁ
不動産に強い人がいた安心感と中古物件を買う人が知り合いだった
安心感というのもあったので、そうなってしまったのですが。。
住宅ローンは、勉強になっています。
が、早く返そうと思っても、難しいですね。。。。^^


家を買いたくなったら

家を買いたくなったら